SAL/AD

給与ソフト
CTI
法改正・変更・改定について
ユーザさま各位

厚生年金保険料率が、2015年9月分(10月納付分)より以下のように変更されます。

2015年09月03日
(1)改正内容

 ■一般 

 旧)平成27年9月度給与まで
   (平成27年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:174.74(/1000)
  内)従業員負担率: 87.37(/1000)
  内)事業主負担率: 87.37(/1000)

 新)平成27年10月度給与処理より
   (平成27年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:178.28(/1000)
  内)従業員負担率: 89.14(/1000)
  内)事業主負担率: 89.14(/1000)


 ■坑内員・船員

 旧)平成27年9月度給与まで
   (平成27年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:176.88(/1000)
  内)従業員負担率: 88.44(/1000)
  内)事業主負担率: 88.44(/1000)

 新)平成27年10月度給与より
   (平成27年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:179.36(/1000)
  内)従業員負担率: 89.68(/1000)
  内)事業主負担率: 89.68(/1000)

 ※年金基金に加入の場合、その保険料率は基金ごとに異なります。
  加入する厚生年金基金にお問い合わせください。

※日本年金機構の案内
  http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000029323c0jNp9GlFP.pdf

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"87.37" → 新"89.14")
 ④賞与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"87.37" → 新"89.14")
 ⑤年金基金に加入の場合は、さらに「年金基金」の各率も新率に変更入力します。
  (新率は、加入する厚生年金基金にお問い合わせください)
 ⑥「登録」(F1)を行う。
 ⑦「終了」(F12)する

 ★上記設定は、原則として、9月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
  10月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施して
  ください。

以上

平成26年10月 法令改正
交通用具、通勤手当非課税限度額の引上げについて

2014年11月06日
(1)改正内容
  平成26年10月に法令が改正され、交通用具の通勤手当について
  その非課税限度額が引上げられました。
   それに伴う法定テーブル更新データの送付と合わせまして、その対象者に関する
   本年度の年末調整での調整方法のご案内
  詳しくは ここ より thukin_kazei.zip をダウンロード(対象をファイルに保存)し、
  展開してください。
  thukin_kazei.zip を展開しますと以下の2つのファイルがあります。
  1.説明書(PDF形式)
    「通勤手当の非課税限度額引上げの対応について.pdf」 
  2.更新データ(改正後法定データ)
    「Leg20141104_通勤手当非課税表.sdl」

  説明書に従い、法定テーブル更新および年末調整を実施願います。

以上

厚生年金保険料率が、2012年9月分(10月納付分)
より以下のように変更されます。

2012年09月06日
(1)改正内容

 ■一般 

 旧)平成24年9月度給与まで
(平成24年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:164.12(/1000)
  内)従業員負担率: 82.06(/1000)
  内)事業主負担率: 82.06(/1000)

 新)平成24年10月給与処理より
(平成24年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:167.66(/1000)
  内)従業員負担率: 83.83(/1000)
  内)事業主負担率: 83.83(/1000)

 ■坑内員・船員

 旧)平成24年9月度給与まで
   (平成24年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:169.44(/1000)
  内)従業員負担率: 84.72(/1000)
  内)事業主負担率: 84.72(/1000)

 新)平成24年10月度給与より
(平成24年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:171.92(/1000)
  内)従業員負担率: 85.96(/1000)
  内)事業主負担率: 85.96(/1000)

 
 ※年金基金に加入の場合、その保険料率は基金ごとに異なります。
  加入する厚生年金基金にお問い合わせください。

※社会保険庁案内チラシ
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/main/employer/pdf_2011/ryogaku_23_09_01-03.pdf

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"82.06" → 新"83.83")
 ④賞与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"82.06" → 新"83.83")
 ⑤年金基金に加入の場合は、さらに「年金基金」の各率も新率に変更入力します。
  (新率は、加入する厚生年金基金にお問い合わせください)
 ⑥「登録」(F1)を行う。
 ⑦「終了」(F12)する

 ★上記設定は、原則として、9月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
  10月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施して
  ください。

以上


4月度より、厚生労働省の"雇用保険料率"が
以下のように変更されます。
2012年04月01日

(1)改正内容

 ■新率)平成24年度(平成24年4月給与より)

(1)改正内容

 ■新率)平成24年度(平成24年4月給与より)

 ◇一般(一般の事業)             【従前 H24.3月給与まで】
  雇用保険料率     :13.50(/1000)  ← 【15.50(/1000)】
  内)被保険者負担率 : 5.00(/1000)   ← 【 6.00(/1000)】
  内)事業主負担率  : 8.50(/1000)   ← 【 9.50(/1000)】

 ◇特掲1(農林水産清酒製造の事業)
  雇用保険料率     :15.50(/1000)  ← 【17.50(/1000)】
  内)被保険者負担率 : 6.00(/1000)   ← 【 7.00(/1000)】
  内)事業主負担率  : 9.50(/1000)   ← 【10.50(/1000)】

 ◇特掲2(建設の事業)
  雇用保険料率      :16.50(/1000)  ← 【18.50(/1000)】
  内)被保険者負担率 : 6.00(/1000)   ← 【 7.00(/1000)】
  内)事業主負担率  :10.50(/1000)   ← 【11.50(/1000)】


(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②労働保険タブを開く
 ③雇用保険料率の被保険者負担率&事業主負担率に、
   事業区分に応じた率を入力する。
 ④「登録」(F1)を行う。
 ⑤「終了」(F12)する

 ※一般に、上記設定は、3月分の「月次給与処理の更新」が済んだ後、4月分の
 「給与開始処理」を行って給与計算処理を行う前、に実施してください。

以上
協会けんぽの保険料率(健康保険料率及び介護保険料率)が、
3月分の保険料(4月納付分)より変更されます。
2012年02月29日

(1)改定内容
 協会けんぽ(全国健康保険協会)の健康保険の保険料については、各都道府県支部ごとに率が異なりますので、変更後については、都道府県単位で定められた各保険料 率に改定されます。

 ★各都道府県府の率については以下のサイトでご確認ください。
  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,0,120,713.html

 ★健康保険組合に加入のユーザー様につきましては、保険料額等の詳細を加入の健保組合の方にお問い合わせください。

 ※以下は「福岡支部」の例です

 旧)平成24年3月度給与まで
   (平成24年2月分保険料(3月納付分)まで
    健康保険料率 : 95.80(/1000) [9.58%]
     内)従業員負担率: 47.90(/1000)
     内)事業主負担率: 47.90(/1000)
    介護保険料率 : 15.10(/1000) [1.51%]
     内)従業員負担率: 7.55(/1000)
     内)事業主負担率: 7.55(/1000)

 新)平成24年4月度給与より
   (平成24年3月分保険料(4月納付分)より
    健康保険料率 :101.20(/1000) [10.12%]
     内)従業員負担率: 50.60(/1000)
     内)事業主負担率: 50.60(/1000)
    介護保険料率 : 15.50(/1000) [1.55%]
     内)従業員負担率: 7.75(/1000)
     内)事業主負担率: 7.75(/1000)

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法
 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の健康保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
 ④賞与の健康保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
 ⑤「登録」(F1)を行う。
 ⑥「終了」(F12)する

 ★平成24年4月給与より対象(一般に、3月分の保険料を4月に徴収して納付)よって、上記設定は、原則として、3月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、4月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施してください。

以上
 
平成23年分年末調整改正の対応 2011年11月14日

1.平成23年分年末調整改正の内容
  平成23年1月からの源泉所得税関係の改正により扶養控除方法が変更され、
  新ルールに基づいた“控除対象扶養親族”の人数算出となっておりますが、
  平成23年分の年末調整についても同様に扶養控除の変更が発生することに
  なります。

  SAL/ADでは、年末調整機能における「年調申告データの入力」の
  “扶養”控除入力画面等につきましては、昨年(平成22年分)の
  年末調整のために従来の画面のままとなっておりましたが、
  このたび、平成23年分における年末調整関連の更新プログラムを
  案内させていただくことになりました。

2.「給与計算ソフト SAL/AD」における変更対応方法
 ※メール等で更新プログラム“Salad905_Update.ex_”をご準備ください。
  更新プログラム“Salad905_Update.ex_”を任意のフォルダ等に
  コピーしておいてください。

(1)更新プログラムの適用
  ①SAL/ADシステムメニューを終了します。
  ②更新対象のクライアントPCのSALAD システムフォルダを確認しておきます。
  ③更新モジュール“Salad905_Update.ex_”を任意のフォルダにコピーします。
  ④更新モジュール“Salad905_Update.ex_”の拡張子名“ex_”を“exe”に変更します。
  ⑤更新モジュール“Salad905_Update.exe”をダブルクリックします。
  ⑥表示されたダイアログで、SAL/AD System Folder のパスが
    "C:¥Salad" となっていることを確認します。
   ・"C:¥Salad" でよければそのまま⑥へ進みます。
   ・違う場合は訂正入力します( "D:¥Salad"等 )。
 ⑦表示されたダイアログで、「解凍」をクリックします。
   ・結果、新モジュールへの更新(アップデート)が実行されます。

(2)法定データの更新作業
  ①SAL/ADシステムメニューを起動します。
  ②メニューの「保守」パネルを選択し、「システムデータの保存と受入」を選択します。
  ③起動された画面より「法定データ受入」を選択します。
  ④受入ファイルの指定により開くダイアログ画面で以下のファイルを指定します。
    “C:Salad¥Dat¥扶養控除額表2011.sdl”
   (※D ドライブの場合は、D:¥Salad¥Dat¥扶養控除額表2011.sdl”)
  ⑤法定データ受入画面のリストに表示された「□年調・扶養控除額表」を
    チェックオンします。
  ⑥「受入」ボタンを選択します。
  ⑦「法定データの受入処理を実行します。よろしいですか?」の
   確認メッセージが表示されますので、そこで「OK」を選択します。
   ・結果、受入処理が実行されます。処理が完了したら終了です。

3.注意事項
  平成23年度の年末調整における「年調申告データの入力」の
  “扶養”控除入力画面については、本更新プログラムを適用した後に、
  入力を実施するようにしてください。

以上
 
厚生年金保険料率が、2011年9月分(10月納付分)より
以下のように変更されます
2011年9月13日

(1)改正内容

 ■一般 

 旧)平成23年9月度給与まで
   (平成23年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:160.58(/1000)
  内)従業員負担率: 80.29(/1000)
  内)事業主負担率: 80.29(/1000)

 新)平成23年10月給与処理より
   (平成23年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:164.12(/1000)
  内)従業員負担率: 82.06(/1000)
  内)事業主負担率: 82.06(/1000)

 ■坑内員・船員

 旧)平成23年9月度給与まで
   (平成23年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:166.96(/1000)
  内)従業員負担率: 83.48(/1000)
  内)事業主負担率: 83.48(/1000)

 新)平成23年10月度給与より
   (平成23年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:169.44(/1000)
  内)従業員負担率: 84.72(/1000)
  内)事業主負担率: 84.72(/1000)

 ※年金基金に加入の場合、その保険料率は基金ごとに異なります。
  加入する厚生年金基金にお問い合わせください。

※社会保険庁案内チラシ
 http://www.nenkin.go.jp/main/employer/pdf_2011/ryogaku_23_09_01-01.pdf


(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに
  "新率"に変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"80.29" → 新"82.06")
 ④賞与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに
  "新率"に変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"80.29" → 新"82.06")
 ⑤年金基金に加入の場合は、さらに「年金基金」の各率も
  新率に変更入力します。
  (新率は、加入する厚生年金基金にお問い合わせください)
 ⑥「登録」(F1)を行う。
 ⑦「終了」(F12)する

 ★上記設定は、原則として、9月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
  10月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施して
  ください。

 ★併せて、標準報酬月額も新年度に変更されます。

以上

協会けんぽの保険料率(健康保険料率及び介護保険料率)
が、3月分の保険料(4月納付分)より変更されます。
2011年2月28日
(1)改定内容

 協会けんぽ(全国健康保険協会)の健康保険の保険料については、各都道府県支部ごとに率が異なりますので、変更後については、都道府県単位で定められた各保険料率に改定されます。

 ★各都道府県府の率については以下のサイトでご確認ください。
  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,62764,131,675.html

 ★健康保険組合に加入のユーザー様につきましては、保険料額等の詳細を加入の健保組合の方にお問い合わせください。

 ※以下は「福岡支部」の例です

 旧)平成23年3月度給与まで
   (平成23年2月分保険料(3月納付分)まで
    健康保険料率     : 94.00(/1000) [9.40%]
      内)従業員負担率: 47.00(/1000)
      内)事業主負担率: 47.00(/1000)
    介護保険料率     : 15.00(/1000) [1.50%]
      内)従業員負担率: 7.50(/1000)
      内)事業主負担率: 7.50(/1000)

 新)平成23年4月度給与より
   (平成23年3月分保険料(4月納付分)より
    健康保険料率     : 95.80(/1000) [9.58%]
      内)従業員負担率: 47.90(/1000)
      内)事業主負担率: 47.90(/1000)
    介護保険料率     : 15.10(/1000) [1.51%]
      内)従業員負担率: 7.55(/1000)
      内)事業主負担率: 7.55(/1000)

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法
 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の健康保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
 ④賞与の健康保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
 ⑤「登録」(F1)を行う。
 ⑥「終了」(F12)する

 ★平成23年4月給与より対象(一般に、3月分の保険料を4月に徴収して納付)よって、上記設定は、原則として、3月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、4月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施してください。

以上

平成23年からの扶養控除の見直しと対応について 2010年12月17日
(1)改正内容

平成23年1月より、源泉所得税関係の改正により扶養控除方法が変更されます。
1.扶養控除見直しの内容
平成23年1月から源泉所得税関係の改正により扶養控除方法が変更されます。
平成23年1月以降は、以下の新ルールに基づいて、“控除対象扶養親族”の人数を求めます。

扶養親族の年齢 新ルール 変更 旧ルール
扶養種類 控除対象 扶養種類 控除対象
16 歳未満 年少 × 一般
16 歳以上19 歳未満 一般 特定
19 歳以上23 歳未満 特定 特定
23 歳以上70 歳未満 一般 一般
70 歳以上 老人 老人
※上記の新ルールへの改正は、平成23 年1 月1 日以降に支払うべき給与等から適用されます。
※平成22 年度分の所得税については、旧ルールの扶養控除が適用されます。


法改正を受けまして、「給与計算ソフト SAL/AD」におきましても変更対応が必要になりますので、その対応のための更新モジュールおよび説明書を個別に送付させていただきます。
 内容: 更新プログラムモジュール
      説明書(PDF形式)
      「平成23年度からの扶養控除の見直しと対応について.pdf」

なお、添付の更新プログラムの適用については、平成22年の年末調整計算処理後になりますので、その適用のタイミングなどを含めまして、必ず添付の説明書をご確認の上、対応作業を実施するようにしてください。
                                        以上

 厚生年金保険料率が、2010年9月分(10月納付分)より
 以下のように変更されます。
 ※通常、10月給与処理からの対応となります。
2010年09月16日
(1)改正内容

 ■一般 

 旧)平成22年9月度給与まで
(平成22年8月分保険料(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:157.04(/1000)
  内)従業員負担率: 78.52(/1000)
  内)事業主負担率: 78.52(/1000)

 新)平成22年10月給与処理より
(平成22年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:160.58(/1000)
  内)従業員負担率: 80.29(/1000)
  内)事業主負担率: 80.29(/1000)

 ■坑内員・船員

 旧)平成22年9月度給与まで(平成22年8月分保険料
(9月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:164.48(/1000)
  内)従業員負担率: 82.24(/1000)
  内)事業主負担率: 82.24(/1000)

 新)平成22年10月度給与より
(平成22年9月分保険料(10月納付分)より)
  厚生年金保険料率:166.96(/1000)
  内)従業員負担率: 83.48(/1000)
  内)事業主負担率: 83.48(/1000)

 
 ※年金基金に加入の場合、その保険料率は基金ごとに異なります。
  加入する厚生年金基金にお問い合わせください。

※社会保険庁案内チラシ
 http://www.nenkin.go.jp/main/employer/pdf/ryogaku_22_09/01/01.pdf


(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に
  変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"78.52" → 新"80.29)
 ④賞与の「厚生年金」率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に
  変更入力。
  (一般の場合、設定値は、旧"78.52" → 新"80.29)
 ⑤年金基金に加入の場合は、さらに「年金基金」の各率も新率に変更入力します。
  (新率は、加入する厚生年金基金にお問い合わせください)
 ⑥「登録」(F1)を行う。
 ⑦「終了」(F12)する

 ★上記設定は、原則として、9月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
  10月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施して
  ください。

                                        以上

 4月度より、厚生労働省の"雇用保険料率"が以下のように変更されます。
給与ソフトでの設定・対応を忘れないようにしてください。
2010年04月1日
(1)改正内容

 ■新率)平成22年度(平成22年4月給与より)

 ◇一般(一般の事業)
  雇用保険料率:15.50(/1000)
  内)被保険者負担率: 6.00(/1000)
  内)事業主負担率 : 9.50(/1000)

 ◇特掲1(農林水産清酒製造の事業)
  雇用保険料率:17.50(/1000)
  内)被保険者負担率: 7.00(/1000)
  内)事業主負担率 :10.50(/1000)

 ◇特掲2(建設の事業)
  雇用保険料率:18.50(/1000)
  内)被保険者負担率: 7.00(/1000)
  内)事業主負担率 :11.50(/1000)


 なお、従前の率は以下のとおりです。

 ■旧率)平成21年度(平成22年3月給与まで)

 ◇一般(一般の事業)
  雇用保険料率:11.00(/1000)
  内)被保険者負担率: 4.00(/1000)
  内)事業主負担率 : 7.00(/1000)

 ◇特掲1(農林水産清酒製造の事業)
  雇用保険料率:13.00(/1000)
  内)被保険者負担率: 5.00(/1000)
  内)事業主負担率 : 8.00(/1000)

 ◇特掲2(建設の事業)
  雇用保険料率:14.00(/1000)
  内)被保険者負担率: 5.00(/1000)
  内)事業主負担率 : 9.00(/1000)



(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②労働保険タブを開く
 ③雇用保険料率の被保険者負担率&事業主負担率に、事業区分に応じた率を入力す
る。
 ④「登録」(F1)を行う。
 ⑤「終了」(F12)する

 ※一般に、上記設定は、3月分の「月次給与処理の更新」が済んだ後、4月分の
 「給与開始処理」を行って給与計算処理を行う前、に実施してください。

 協会けんぽの保険料率(健康保険料率および介護保険料率)が、3月分の保険料(4月納付分)より変更されます。
協会けんぽ(全国健康保険協会)の健康保険の保険料については、各都道府県支部ごとに率が異なりますので、変更後については、都道府県単位で定められた各保険料率に改定されます。
2010年03月1日
  ※福岡支部の例

  旧)平成22年3月度給与まで (平成22年2月分保険料(3月納付分)まで
    健康保険料率 : 82.40(/1000)
      内)従業員負担率: 41.20(/1000)
      内)事業主負担率: 41.20(/1000)
    介護保険料率 : 11.90(/1000)
      内)従業員負担率: 5.95(/1000)
      内)事業主負担率: 5.95(/1000)

  新)平成22年4月度給与より (平成22年3月分保険料(4月納付分)より
    健康保険料率 : 94.00(/1000)
      内)従業員負担率: 47.00(/1000)
      内)事業主負担率: 47.00(/1000)
    介護保険料率 : 15.00(/1000)
      内)従業員負担率: 7.50(/1000)
      内)事業主負担率: 7.50(/1000)

※各都道府県府の率については以下のサイトでご確認ください。
  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.36104.html

※健康保険組合に加入のユーザー様につきましては、保険料額等の詳細を
  加入の健保組合の方にお問い合わせください。

給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の健康保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
 ④賞与の健康保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに"新率"に変更入力。
 ④「登録」(F1)を行う。
 ⑤「終了」(F12)する

 ★平成22年4月給与より対象 (一般に、3月分の保険料を4月に徴収して納付)
  よって、上記設定は、原則として、3月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
  4月の「給与開始処理」の状態で給与計算処理を行う前に実施してください。
 平成21年度(2009年度)「年末調整」に改定がありましたが、 その改定に関わる変更対応をSAL/AD給与システムプログラ ムに施しました。
 改定内容とシステム変更内容については以下のとおりです。
2009年11月1日
 ◇システム変更内容

  ①「年調申告データの入力」
   平成21年度(2009年度)より、"居住開始年月日"の入力項目を追加
   しました。この項目は、"住宅取得控除額"がある人については、基本
   的に必須入力となります。

  ②「年末調整の計算と確認」
   摘要欄の表示を4行表示に変更しました。
   1行目は、"住宅借入金等特別控除可能額"および"国民年金保険料等の
   金額"自動表示領域です。
   2行目の前半は、"居住開始年月日"の自動表示領域です。
   2行目の後半および3,4行目に入力しますが、平成21年度(2009年度)
   の年末調整における前年度適用コピーでは最適化コピーを行います。

  ③「源泉徴収表/給与支払報告書」
   摘要欄2行目の前半に"居住開始年月日"を自動印字するようにしました。
   なお、上①で、"住宅取得控除額"および"居住開始年月日"の入力がなさ
   れた人のみ印字されます。

  ④「年末調整明細一覧表」
   上①~③に伴う新たな摘要欄4行印字の印字に対応しました。

  ⑤「年末調整実績データ出力」
   上①~③に伴う新たな摘要欄4行印字の出力に対応しました。

  ※今回、法定テーブルの変更はありません。
 厚生年金保険料率が、2009年9月分(10月納付分)より
 以下のように変更されます。
2009年8月26日
  (1)改正内容

   ■一般 

   旧)平成21年9月度給与まで
   (平成21年8月分保険料(9月納付分)まで)
    厚生年金保険料率:153.50(/1000)
    内)従業員負担率: 76.75(/1000)
    内)事業主負担率: 76.75(/1000)

   新)平成21年10月度給与より
   (平成21年9月分保険料(10月納付分)より)
    厚生年金保険料率:157.04(/1000)
    内)従業員負担率: 78.52(/1000)
    内)事業主負担率: 78.52(/1000)


   ■坑内員・船員

   旧)平成21年9月度給与まで(平成21年8月分保険料
     (9月納付分)まで)
    厚生年金保険料率:162.00(/1000)
    内)従業員負担率: 81.00(/1000)
    内)事業主負担率: 81.00(/1000)

   新)平成21年10月度給与より
   (平成21年9月分保険料(10月納付分)より)
    厚生年金保険料率:164.48(/1000)
    内)従業員負担率: 82.24(/1000)
  内)事業主負担率: 82.24(/1000)


   ※年金基金に加入の場合、その保険料率は基金ごとに異なります。
    加入する厚生年金基金にお問い合わせください。

●全国健康保険協会管掌(協会けんぽ=旧政府管掌)の
  介護保険料率が以下のように変更されます。
  対応を忘れないようにしてください。
2009年3月6日

(1)改正内容

 旧)平成21年3月度給与まで(平成21年2月分保険料(3月納付分)まで)
  厚生年金保険料率:11.30(/1000)
  内)従業員負担率: 5.65(/1000)
  内)事業主負担率: 5.65(/1000)

 新)平成21年4月度給与より(平成21年3月分保険料(4月納付分)より)
  厚生年金保険料率:11.90(/1000)
  内)従業員負担率: 5.95(/1000)
  内)事業主負担率: 5.95(/1000)

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して
  起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③給与の介護保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに、
   "5.95" と入力。
   (旧設定値は "5.65")
 ④賞与の介護保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに、
   "5.95" と入力。
   (旧設定値は "5.65")
 ④「登録」(F1)を行う。
 ⑤「終了」(F12)する

 ※上記設定は、3月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
   4月の「給与開始処理」を行って給与計算処理を行う前、に
   実施してください。


●政府管掌の厚生年金保険料率が変更
2008年10月3日

1)改正内容

 旧)9月度給与(平成20年8月分(9月納付分)まで
  厚生年金保険料率:149.96(/1000)
  内)従業員負担率: 74.98(/1000)
  内)事業主負担率: 74.98(/1000)

 新)10月度給与(平成20年9月分(10月納付分)より
  厚生年金保険料率:153.50(/1000)
  内)従業員負担率: 76.75(/1000)
  内)事業主負担率: 76.75(/1000)

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法

 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③厚生年金保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに、
  "76.75" と入力。
   (旧設定値は "74.98")
 ④「登録」(F1)を行う。
 ⑤「終了」(F12)する

 ※上記設定は、9月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、
   10月の給与計算処理を実施する前に実施してください。

●政府管掌健康保険の介護保険料率の変更について
2008年04月10日

政府管掌健康保険の介護保険料率の変更が以下のように変更されます。

(1)改正内容
 平成20年3月給与まで 介護保険料率:12.3(/1000)
 平成20年4月給与より 介護保険料率:11.3(/1000)

(2)給与ソフト(SAL/AD)での設定方法
 ①メニューの”設定”タブの「会社給与規定の登録」機能を選択して起動する。
 ②社会保険タブを開く
 ③介護保険料率を、従業員負担率&事業主負担率ともに、"5.65" と入力。
   (旧設定値は "6.15")
 ④「登録」(F1)を行う。
 ⑤「終了」(F12)する

(3)特記事項
 3月の「月次給与処理の更新」が済んだ後、4月の給与計算処理を実施する
 前に、上記(2)の手順で変更設定を実施してください。

<前へ   |