ホームソフトウェアパッケージCTI > CTI導入のための基礎知識
給与ソフト
CTI
Memberディスプレイ
(30日間無料お試しCTIソフト)



 CTIソフトのお試しができます。



回線の種類と機器の接続方法
必要機材は網掛け部分です。
ただし、いずれの場合もパソコン、ケーブル類はすでにあるものとして記述してあります。
詳しくは各機材の取扱説明書を参照してください。
INS回線の場合
INS1回線(電話2回線)の場合

・壁の電話引き込み口をTAの回線につなぎます。
・TAの電話機出力(TEL1,TAL2等で表示)端子はアナログ回線と同じものです。
 この線は2線で、電話機またはアナログ交換機につなぎます。
・TAのRS−232CまたはUSB端子とパソコンのRS−232Cまたは
 USB端子をつなぎます。 (TA内の設定が必要な場合があります。)
INS複数回線の場合
INS回線、アナログ交換機の場合

INS回線、INS交換機の場合

・交換機のST点とTAのST点を(LANケーブルで)つなぎます。
 交換機によっては、ST点取り出しの工事が必要になります。
 デジタル拡張接続ですので終端設定を考慮する必要があります。
・TAのDSUを切り離します。(無効にします。)
・INS回線が複数ある場合、複数のTAが必要になる場合があります。
アナログ回線の場合
アナログ1回線の場合
ADSLの場合
IP電話の場合
光回線終端装置の出力は基本的にはINS回線と同じ形式のはずですが、弊社は明快な解を持っておりません。
光回線終端装置により、異なる場合がありますので、光回線終端装置メーカ、通信業者に確認が必要です。
LANタイプ
LANタイプの「サーバ」は、いままでの上記接続を行います。別途、LANでつないだパソコンにクライアント用のソフトをインストールします。

INS回線、アナログ交換機 の例
<前へ   |    次へ>
‖ ソフトウェア開発 ‖ システムコンサルテーション ‖ ソフトウェアパッケージ ‖ 
‖ サイトマップ ‖ 会社案内 ‖ リンク ‖ お問い合わせ ‖