CTI導入のための基礎知識

給与ソフト
CTI
Memberディスプレイ
(30日間無料お試しCTIソフト)



バージョンアップして参上! CTIソフト 伝ノ助 伝ノ助広告
使用するデータベース
使用するデータベースが何を使っているかもチェックが必要です。
本格的なコールセンタでは、高機能、安定性からオラクル等が広く使われています。
簡易CTIではACCESSを利用しているものが多くみられます。
オラクル、ACCESSを使っている場合、CTI本体の価格に加え、別途オラクル、ACCESSの購入価格が必要になります。
LAN対応の場合、クライアント数の購入またはライセンスが必要となりますので、CTIシステム費用に対する比率も小さくはありません。また、オラクル等では専用のチューニングが必要で、別途インストール、セットアップ費用が必要になる場合があります。
CTIソフトの比較検討する際、CTIソフト単品の価格以外にこの点も考慮してください。
ACCESS、SQLサーバ等、お客さまが製品を買わないでも、データベースを動作させるエンジン部分は無償で配賦できる仕組みがあります。
弊社のMemberディスプレイは、ACCESSエンジンを利用しており、インストール時にエンジン部分も一緒に自動で無償配賦として組み込み、別途にACCESSの購入は不要です。
また、これらのデータベースをお客さまが必要に応じた項目を自身で設定できるものもあります。設計、設定できる知識があれば使いやすいものができますが、当然、お客さまが設計、設定するには知識と時間がかかり結局は開発元にお願いすることになりかねません。
弊社もカスタマイズ可能な給与ソフトを持っており、お客さま自身でカスタマイズを可能とはしておりますが、やはりお客さま自身がカスタマイズし、動作検証までするのは時間がかかり、正確さにも問題が生じます。
カスタマイズできる仕組みは、開発元の弊社がいろいろな業態にあわせて提供するものであって、お客さま自身が新規にカスタマイズすることはあまり想定しておりません。
カスタマイズは、新規はソフト会社がつくり、その後の修正、調整を自身が行うものと考えた方が無難と思われます。
<前へ   |    次へ>