ホームソフトウェアパッケージCTI > Memberディスプレイ
給与ソフト
CTI



 CTIソフトのお試しができます。



郵便番号辞書 自己解凍方法
@事前にCでダウンロードを行うフォルダを用意しておいてください。
AYUBIN_DB.EXE をクリックします。
こちらからダウンロード→ YUBIN_DB.EXE Standard版Ver7用 2010/2/26 5,273Kb
B「保存」を選択します。
C任意のフォルダにYUBIN_DB.EXEをダウンロードしてください。
DYUBIN_DB.EXEをダブルクリックすると、解凍するフォルダを聞いてきます。
 初期値はダウンロードしたフォルダと同じです。そのまま「OK」してください。
E展開されたYUBIN_DB.mdbを郵便番号辞書のあるフォルダに貼り付け、置き換えます。
 フォルダの初期値は
  C:\Program Files\DyCOC\Memberディスプレイ V7\LAN (Server)
    \Database\YUBIN_DB.mdb 
FLANタイプの場合は各クライアントのYUBIN_DB.mdbも置き換えてください。
郵便番号辞書 変換方法
   (ご自身でいつでも最新版に更新できます。)
@事前にAでダウンロードを行うフォルダ、および lzh解凍ソフトを用意しておいてください。
A顧客管理の保守→各種設定→郵便番号データ登録を実行

B「住所の郵便番号」データのダウンロードサイトを開くを実行

C 日本郵便のホームページの郵便番号辞書 「全国一括」 をダウンロードします。
D「解凍」します。 ダインロードした xxxx.lzh ファイルを解凍します。
Eファイル指定で解凍したCSVファイルを指定し、

F実行ボタンを押してください。
北海道より順次変換を開始します。
GLANタイプの場合は各クライアントのYUBIN_DB.mdbも置き換えてください。
‖ ソフトウェア開発 ‖ システムコンサルテーション ‖ ソフトウェアパッケージ ‖ 
‖ サイトマップ ‖ 会社案内 ‖ リンク ‖ お問い合わせ ‖